25歳独身男性会社員の即ハボ日記

たまには女を抱いて毎日の疲れを発散しようとハッピーメールを始めました。
即ハボがもちろん目標だったのですが、これが思った以上に上手くいき、こんな事だったらもっと以前から利用しておけばよかったと後悔しています。
本当にちょっとしたきっかけで女の子と即ハボできるので性欲の有り余った男としては本当に堪らないですね。
さっそくハッピーメールに登録し、メールのやり取りをはじめました。
意外とコミュニケーションも簡単で、割と早いうちに直アド交換からの電話番号交換。
スムーズに事が進むとやはり期待してしまうのはエッチの目的です。
まだそういった経験がなかったので未知の即ハボタンに興奮し、会う前からもうアソコがギンギン状態でした。

首尾よく出会いの場所をセッティングし、デートを開始。
もちろんラブホテル街に近いところで即ハボのフラグをきっちり立てておきました。
こういう抜け目のなさが後で素敵な大人の体験をするコツだと思います。
待ち合わせ場所に現れたのはお姉さん系OLの雰囲気漂う20代後半の女性でした。
サイトの事や出会い系の利用経験を聞くと、相手の娘もあまり経験がなく、歳の割には初な印象で好印象です。

歩くたびに揺れるその娘の胸が目立ち、かなりの豊満ボディだと見て取れました。
豊満と言ってもウエストなどは引き締まっていてかなりの美女です。
ちょっと最近のグラビアアイドルに似ている感じもして、「この美女と数時間後に即ハメできるかも」と思うと途端にジーンズの股間部分が膨らんでしまいます。

デート中、気もそぞろだったのでもう一か八かホテルに誘うと、すぐにOKのサインが出ました。
もうとっくにその娘の中でも抱かれたいという感情が芽生えていたのかも知れません。
ラブホにチェックインしてそのまま部屋で抱きあうと、ディープキスから指マンまでの流れで彼女は即イキ。
感度がかなり良い子で、そのまま初の潮吹きまで鑑賞してしまいました。
即ハボはかなり上質な体験で、男としてレベルアップした気がします。

23歳独身女性予備校生の援助交際日記

私は法律系の資格を取るために、予備校に通っていました。
法律の勉強って意外とお金がかかるんです。
六法全書は買わないといけないし、教科書も馬鹿みたいにたくさんあるし。
授業料だって高いし。
大学を卒業して自分の意志で予備校に通うことを決めたため、親に頼るわけにもいかず、自腹を切りました。

でも、本当に呆れるくらいに次から次へとお金がかかるんです。
模試だって高いし。

貧乏でした。

かといってバイトをたくさんするわけにもいかず、そうすると本末転倒です。試験勉強ができなくなるのですから。
手っ取り早くキャバクラにでも行こうかと思いましたが、生活リズムが狂いそうなので、やめておきました。

そこでひらめいたのが、援助交際です。

正直恥ずかしいですね。法律家になることが目標の人間が、そうなるために援助交際するって、もう、馬鹿でしょ。

いまは馬鹿だなと思えますが、そのときはそれがベストだと思っていました。
でも体は売りたくなかったのです。しかし、話すだけでお金が貰えるような景気ではありません。

そこで考えたのが、高校や中学のときの制服やスクール水着、使用済みの下着を売ることでした。

足元を見られてはいけません。お金に困っていることを悟られれば、値切られるからです。
だから私はネットに援助交際を匂わす書き込みをするとき、とても注意を払いました。

あくまでいらなくなった不要なものですが捨てるのもあれなので、譲ります。お金はこのくらいでどうですか。
そういう風にお客さんと交渉をしました。

そしてお金を稼ぎました。

でも、もう二度とやりたくありません。

絶え間なく溢れる感情